印刷オプション


コマンド起動の /po オプションや、メソッドの SetPrintOption/SetPrintOptions、パラメータのPrintOption では次の値を設定・参照することができます。

/poコマンド や SetPrintOptions/PrintOutメソッドでは、一度に複数のオプションを指定することができます。

この場合の書式は次の通りです。

<書式>

<オプション名1>=<値>; <オプション名2>=<値>;...

オプション名と値を「=」(イコール)で接続し、「;」(セミコロン)で次の情報と接続します。
値に特殊文字が含まれる場合は「'」(シングルクォーテーション)で囲みます。

<ActiveX/OLEオートメーションからの設定例>

'印刷オプションを初期化
obj.SetPrintOption("Init", "all")
obj.PrintOut(0)

'用紙、ページ範囲、トレイを個別に設定
obj.SetPrintOption("Paper", "A4")
obj.SetPrintOption("Range", "3-5,7")
obj.SetPrintOption("Tray", "カセット1")
obj.PrintOut(0)

'用紙、トレイを一括設定
obj.SetPrintOptions("Paper=A4;Tray=カセット2")
obj.PrintOut(0)

'用紙、トレイを一括設定
obj.PrintOut(0, "Paper=A4;Tray='カセット2'")

'仕分リストファイルを設定
obj.PrintOut(50, "SortListFile='c:\...\list.txt'")

'FAXに送信
obj.SetPrintOption("FaxName","あいうえお株式会社")
obj.SetPrintOption("FaxAreaNumber","03")
obj.SetPrintOption("FaxNumber","1234-5678")
obj.PrintOut(30)


<コマンドラインからの設定例>

'印刷オプションを初期化
wfrv.exe c:\...\sample.wfr /p /po "Init=all"

'用紙、トレイを一括設定
wfrv.exe c:\...\sample.wfr /p /po "Paper=A4;Tray=カセット2"

'仕分リストファイルを設定
wfrv.exe c:\...\sample.wfr /p5 /po "SortListFile='c:\...\list.txt'"

'FAXに送信
wfrv.exe c:\...\sample.wfr /p3 /po "FaxName='あいうえお株式会社';FaxAreaNumber=03;FaxNumber=1234-5678"


<オプション>

オプション 説明
Collate 部単位印刷の方法を指定します。

説明
on 部単位で印刷します。
off 部単位で印刷しません。
BarBlackDensity バーコード黒バーの濃度を指定します。

単位:%
値の範囲:50〜150
BarDrawMode バーコードの描画モードを指定します。

説明
normal 部単位で印刷します。
figure 図形として出力します。
image 画像として出力します。
Copies 印刷部数を指定します。
DlgLimits 印刷ダイアログでユーザ操作を制限(不活性化)する機能を指定します。(デフォルト値は 0x0000 です)
0x で始まる16進文字列で指定します。次の値を組み合わせた値を指定します。
[対象バージョン:1.1.17.3001以降]

説明
0x0001 出力先の変更を制限します。
0x0002 出力先に拡張印刷機能を表示しません。
【ファイル出力】【用紙別印刷】【仕分印刷】他の表示・選択を許可しません。
0x0004 「詳細」ボタンからのドライバープロパティの表示を制限します。
0x0008 「出力ファイル」の変更を制限します。
0x0010 「ページ範囲」の変更を制限します。
0x0020 「部数」の変更を制限します。
0x0040 「印刷用紙」の変更を制限します。
0x0080 「用紙方向」の変更を制限します。
0x0100 「用紙トレイ」の変更を制限します。
0x0200 「両面印刷」の変更を制限します。
0x0400 「拡大/縮小」の変更を制限します。
0x0800 「横オフセット」の変更を制限します。
0x1000 「縦オフセット」の変更を制限します。
0x2000 「スプール分割」の変更を制限します。
0x4000 「下絵」の変更を制限します。
0x8000 「文字出力」の変更を制限します。
0x10000 「EMF背景色」の変更を制限します。
0x20000 「FAX」関連の変更を制限します。
0x40000 「バーコード」関連の変更を制限します。
0x80000 「パレット補正」関連の変更を制限します。

<例>ページ範囲と部数の変更を制限する
obj.SetPrintOption "DlgLimits", "0x0030"
Duplex 両面印刷の設定をします。

説明
normal ドライバーの設定に従います。
simplex 両面印刷しない。
vertical 両面印刷する(長辺とじ)
horizontal 両面印刷する(短辺とじ)
File 印刷結果を出力するファイルを指定します。
帳票をPDFとして保存する場合に指定します。
FileOut 印刷結果を出力するファイルを指定します。
帳票をPDFとして保存する場合に指定します。

このオプションを指定すると、PrintOutメソッドコマンド起動(/p)で印刷方法に”0”を指定しても、印刷方法”2”として動作します。(Ver1.0 と同じ動作となります)

Ver1.0 互換のために残されているオプションです。
通常は File オプションを使用してください。
Init 設定されている印刷オプションを初期化します。
WFR2005 では印刷オプションを帳票設計時、印刷ダイアログ、実行オプションから設定することができます。

また、印刷ダイアログからの印刷では設定内容を保存し、次回以降の印刷で再利用することも可能となっています。(「印刷」参照)
アプリケーションからの印刷実行で、これらの設定を使用したくない場合はInitオプションを使用します。

説明
all 全ての印刷オプションを初期化します。
OffsetX 印刷時に横方向に微調整する数値を指定します。(1/100mm単位)
OffsetY 印刷時に縦方向に微調整する数値を指定します。(1/100mm単位)
Orient 印刷する用紙の方向を指定します。

説明
normal 自動(帳票の設定に従います)
portrait
landscape
OptionID 印刷オプション情報を保存している識別文字列(印刷オプションファイル名)を指定します。

OptionIDを指定することで印刷ダイアログで設定した内容はシステムに保存され、次回以降同じOptionIDを指定することで印刷設定を流用することができます。
印刷オプションは、「マイドキュメント\MY WFR2005\PrintOptions」フォルダに格納されます。


印刷オプション情報が保存されるのは、印刷ダイアログから印刷を実行した場合だけです。
印刷範囲は保存されません。

<例-Clickスクリプト>
//ボタンクリックで印刷ダイアログを表示します。前回使用した設定で初期化します。

PrintOut(1, "OptionID=Abcdefg12345;Range=CURRENT");
return 0;

Paper 印刷する用紙名(または用紙コード)を設定します。
空の文字列を指定すると帳票の設定に従います。

用紙コードを指定する場合は、「#」(シャープ)の後にコード値を指定します。
(例: Paper=#9 )

印刷プリンターに指定用紙が存在しない場合は、A4用紙が選択されます。
PaletteRevise デバイスパレットによる色補正を設定します。
on にすると モノクロプリンター(ドライバーの設定)によってはカラー(中間色)が再現されない場合があります。

説明
normal 自動(帳票の設定に従います)
on 色補正を行います。
off 色補正を行いません。
Printer 印刷するプリンターを指定します。
ProgressDlg 印刷状況を表示するダイアログの表示・非表示を設定します。

説明
on 表示します。
off 表示しません。
Range 印刷範囲(ページ)を設定します。

説明
ALL 全ページを印刷範囲に指定します。
SELECT 現在表示しているページを印刷範囲に指定します。
CURRENT 現在表示しているページを印刷範囲に指定します。
(バージョン 1.1.17.3015 以降で使用可能)
範囲指定文字列 印刷ページ(範囲)を指定します。

例:
1-3,5-7
1,3
Scale 帳票の拡大・縮小方法を設定します。

説明
none 拡大・縮小は行いません。
reduce 用紙に合わせて縮小します。
expand 用紙に合わせて拡大します。
adjust 用紙に合わせます。
Sketch 下絵と上絵の出力の有無を指定します。

説明
off 印刷しない
bottom 下絵を印刷する
top 上絵を印刷する
on 下絵/上絵を印刷する
SortListFile 仕分印刷を行うための「仕分リストファイル」を指定します。
Tray 用紙トレイ名(またはトレイコード)を設定します。
空の文字列を指定するとドライバーの設定に従います。

トレイコードを指定する場合は、「#」(シャープ)の後にコード値を指定します。
(例: Tray=#1)

プリンターに指定トレイが存在しない場合は、ドライバーの設定に従います。
Type スプールを分割する方法を指定します。


この設定にかかわらず、出力用紙が変化した場合はスプールが分割されます。
これは、同一スプールで用紙情報が変わると動作不良をおこすプリンタ(ドライバ)が存在するためです。

説明 詳細
0 なし スプールは分割しません。
1 レポート毎に分割 レポートオブジェクト単位でスプールを分割します。
4 フォーム毎に分割 フォームオブジェクト単位でスプールを分割します。
2 改フォーム毎に分割1 改フォームグループ単位でスプールを分割します。
3 改フォーム毎に分割2 フォームオブジェクト単位、改フォームグループ単位でスプールを分割します。

同一フォームオブジェクトであっても、改フォームされた場合はスプールを分割します。


<まいとーくFAX連携用>

オプション名 説明
FaxName
※必須
「まいとーくFAX」のジョブ名となります。

送付状の情報としても利用されます。
FaxAreaNumber 送付状の情報としても利用されます。
FaxNumber
※必須
FAX番号を指定します。
「まいとーくFAX」の仕様では市外局番と分けて記述する必要があります。

送付状の情報としても利用されます。
FaxCompany 送付状の情報となります。
FaxSection 送付状の情報となります。
FaxDate FAXを送信する日付を指定します。
FaxTime FAXを送信する時刻を指定します。
FaxSendForm 添付する送付状を指定します。

ファイル名にはドライブ名やフォルダ名を含めないでください。
「まいとーくFAX」のインストールフォルダのFromCoverフォルダにあるファイル名を指定します。

"None"または"なし"を指定すると送付状は添付されません。
省略した場合は「まいとーくFAX」の指定に従います。
FaxMemo 送付状の情報となります。
FaxTelAreaNumber 送付状の情報となります。
FaxTelNumber 送付状の情報となります。
FaxMail この値にE-Mailアドレスを指定することでインターネットFAXが利用できます。
印刷結果(画像)が添付されたE-Mail を送信することができます。

事前に「まいとーくFAX」の設定が必要です。
FaxMode
説明
normal 白黒でFAXを送信します。
color カラーでFAXを送信します。